代表挨拶|会社紹介|伊那・松本・長野の印刷ならプリンティアナカヤマ。

皆さまのおかげで創業100年

会社で使う印刷物
名刺
ハガキ・挨拶状
封筒
リーフレット
会報・社内報
会社案内
カレンダー
 
お店で使う印刷物
折込チラシ
DMハガキ
パッケージ
包装紙
 
各種団体で使う印刷物
冊子・文集
計画書・報告書
総会資料・規約集
会報・社内報
広報紙
予算書・決算書
ポケットノート
 
共通して使う印刷物
ポスター
リーフレット
パンフレット
年賀状・暑中見舞
 
サービス紹介
短納期小ロット印刷
プリンターコスト診断
PDF変換について
デザイン
編集・取材
撮影
イラスト作成
テープ起こし
封入業務
発送代行
在庫管理
宛名印字
 
業界対応
メーカー
結婚式場
流通小売
各種団体
 

代表挨拶

プリンティアナカヤマは皆さまのご愛顧により、創業100年を迎えました。これからも地元長野を中心として全国のお客様に真心を込めた印刷をお届けします。

代表 中山一郎1947(昭和22年) 長野県伊那市に生まれる。少年時代は野山や天竜川が遊び場で、山菜、茸採り、魚獲りに明け暮れる。学生時代も休日は山と森の生活。しかし読書量もこの頃が一番で、お金はなかったが、何にでも夢中になれる良い時期であった。
印刷業界が活字組版から写植に代わる兆しが見え始める頃、写真植字機研究所(写研)に就職、東京で1年営業活動をした後、九州地区担当となり福岡へ転勤。お客さんと博多中州の居酒屋、出張先の鹿児島、宮崎では焼酎を酌み交わし「活版からオフセットへの変換」を熱く説くこと2年。仕事、食べ物、酒、遊び、忘れられない経験ができた。
実家が活版印刷であったため、危機感を持ち帰郷。やっとの思いでオフセットの製版と印刷設備を導入、出始めのパソコンなども全て自分自身で覚えた経験が大きな財産となっている。昭和60年、先代の社長が亡くなると同時に38歳で社長に、平成4年に南箕輪村へ新社屋を建設し移転する。
技術革新の大きい印刷業界の中で、必死に仕事漬の生活を続けてきたが、「印刷は文化を耕す」と、仕事に誇りを持ち、多くの人とかかわりを持てることの喜びを、改めて感じているこのごろです。

長野県で印刷会社をお探しの方はこちら。 印刷に関するご相談・お見積もりについては、右記の問い合わせフォームからお問い合わせください。お電話でも承っております。お気軽にご連絡ください。0265-72-2257《受 付》9:00~18:00(土・日・祝除く) 《メール》info@printia.co.jp